シェフのご紹介

Slow Farm広報の滝嶋です。

『Slow Sweets』のOPENまであと9日となりました!


ここ最近は、楽しみとソワソワが入り交じり、修学旅行前日のような気持ちで毎日過ごしています。。。


さて、今回はSlow Sweetsのシェフをご紹介します!


食材へのこだわり、パティシエという職業に対するプライド、考え方から私も日々刺激を受けています。


是非、シェフの『Slow Sweets』へかける想いを皆様に知っていただけたら幸いです。


ーーーーーーーーーーーーーー


Chef 関根 夏子


神奈川県横浜市出身。

武蔵野調理師専門学校卒業後、東京や神奈川のパティスリーに修業。


現在では、Slow Sweetsのシェフをしながら商品開発や新店舗立ち上げなど、お客様に寄り添うスイーツコンサルタントとしても活動。



関根シェフのコメント


採れたていちごを贅沢に使ったスイーツをお客様に召し上がっていただける日を楽しみにしています。


ショートケーキなどの生菓子もおすすめですが、是非焼き菓子も皆様に召し上がっていただきたいです。


Slow Sweetsのフィナンシェやマドレーヌに使っているイチゴは、今まで廃棄になってしまっていたイチゴです。


傷んでしまったものや、売れ残ってしまったものは、廃棄されてしまうことがあります。


そんなイチゴを生まれ変わらせ、新たに価値あるものに出来るのが私たちパティシエです。


「廃棄=捨てるもの」ではなく、スライスや糖漬け、パウダーにすることで、『一級品の素材』へ生まれ変わります。


Slow Sweetsのお菓子を通して、少しでもフードロス削減について考えるきっかけにしていただけたら幸いです。


地域の皆様に寄り添い、暮らしを豊かにできるようなお店を目指していきます。


多くの方のご来店をお待ちしております。